スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月18日(金曜日)晴れ

今日は、人気カードゲーム<「UNO」の

フェロモンズルールを伝授します。

このルールでUNOをやれば

スリル百倍です。

--フェロモンズルール--


ゲーム自体は普通に進んでいきます。

肝心なのは、ゲームが終了した後の

罰ゲーム


なのです。

普通の罰ゲームといえば、他愛の無いものが多いですが

フェロモンズは違います。

その罰ゲームとは

ロウソク垂らし


です。

フェロモンズによるルールでは、勝てばいいのです。

負ける(最後にあがる)とどうなるか?

例えば6人でUNOをやっていたとします。

そして、最後に負けた人はというと


5人に一滴づつロウソクを垂らされる


のです。

一滴なら我慢できても、5滴垂らされてはたまりません。

このルールでは、人数が多ければ多いほど面白いんです。

次々と勝ち上がり、本気でホッとしている人達の傍らで

最後に取り残された2人の壮絶なバトル

ある意味、伝統の阪神巨人戦に匹敵するぐらい白熱します。


どうです?とてつもなくスリリングでしょう?

このルールでは順位は関係ないのです。

勝てば官軍、負ければロウソク

後に残るのは、水ぶくれと火傷の跡だけ。

フェロモンズメンバーで、最高ロウソク垂らされたで賞を受賞したのは

ユタッチです。確か20滴以上。

今でもそのときの火傷の跡が、くっきりと残っています。


さあ、皆さんもこのルールでUNOをしましょう!

きっと、醜い争いが発生することでしょう!


尚、このルールで怪我人が出ても、フェロモンズは知ったこっちゃありません。

いっときますけど、根性焼き並に熱いのであしからず。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。